簡単な操作でウィジェットに画像を設定できるImage Widgetプラグイン

WordPressには、ウィジェットというサイドバーやフッターに様々な機能や項目を設置でき、マウス操作で簡単に入れ替えや順序の変更などができる便利な機能があります。

このウィジェットを使えば、バナーなどの画像を設置することもできるのですが、その設定は意外と面倒だったりします。

一番単純な方法はテキストウィジェットを使う方法が思いつきますが、画像のアップロードや、タグの記述はそれぞれ行わなければならず、複数の画像がある場合、URLなどを個別に記述する作業は骨が折れます。

そんな悩みを解決してくれるのが、Image Widgetというプラグインです。

Image Widget

このプラグインを使うと、ウィジェットの設定画面上で画像のアップロードからリンクの作成まで、ワンストップで実現できるので、メディアからアップロードして画像のURLを調べるとか、FTPでテーマフォルダにアップしてウィジェットにPHPを書いたり(プラグイン併用)とか、そんな作業から解放されます。

使い方:

1.Image Widgetプラグインをインストール、有効化します。

2.管理画面の外観→ウィジェットに追加される【Image Widget】を任意のサイドバーなどにセットします。

3.【Image Widget】の設定から画像をアップ、リンク先などの設定を行います。

Add Imageをクリックして画像をアップロード、最後に Insert Into Widgetをクリックします。

 

4.ウィジェットを保存します。

画像をクリックした際のリンク先(あれば)やalign、altなどを任意で設定し、ウィジェットの保存ボタンをクリックすれば完了です。
サイトの表示を確認してみましょう。

簡単な操作でウィジェットに画像を設定できるImage Widgetプラグイン” への6件のコメント

  1. ピンバック: 簡単な操作でウィジェットに画像を設定できるImage Widgetプラグイン | foom.in : ちゅどん道中記

  2. Image Widgetで置くと画像同士の隙間が空きすぎてしまいますがこれを調整出来るのでしょうか。

    テキストウィジェットであればタグですのでどうとでも出来るのですが。

    • 坂田さん こんにちは。
      このプラグイン自体に隙間を調整する機能はないと思います。

      推測になりますが、隙間ができている原因は、お使いのテーマにおいてウィジェットの下などにCSSでmarginが設定されているからではないかと思います。(お使いのテーマにより異なります)

      例えばTwenty Elevenテーマの場合、style.cssというファイルの1771行目あたりで.widget というクラスに対してマージンが設定されています。

      この場合、プラグイン側で設定・調整するというよりは、テーマのCSSを調整することで対応できると思います。

  3. ピンバック: WordPress 超初心者でもできる! プラグイン『Image Widget』を使ってサイドバーに画像を表示! | intersection

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>